作業見学

カーフィルム施工現場(BMW E90編)

施工箇所 → 後部3面、GY-15IR(着色断熱フィルム) 、運転席及び助手席、IR-25HD(透明断熱フィルム)道路運搬車両法により 1 全面ガラス、2 運転席側面ガラス、3 助手席側面ガラス上記個所にフィルムを貼付けした場合可視光線透過率が70%以上でなければなりません。測定してからの作業になりますので、予めご了承下さい。

作業内容

外掃除外掃除
まずは、フィルムにキズが入らないよう、ガラス外側の掃除します。

型取り・採寸・カット型取り・採寸・カット
型取りは、各ガラスの形状の違いにより、方法が異なります。
リアガラスは、熱により形を整え1枚で貼ることが可能です。
(この時、1枚貼り専用のフィルムを使用しないと、後々フィルムの褪色等の
不具合がでる可能性があります。)
サイドガラスは、カッターでエッジ部分に合わせてカットし、ガラスの形通りに
仕上げます。


フィルム型取り

枚熱成型

ガラス上部に合わせ
カット

縁のマーキング

型に合わせカット

フィルム貼りフィルム貼り
ガラス内側の掃除後、フィルムを貼り付けます。
この時、ゴミの進入を防ぐため素早く作業しなければなりません。
また、フィルムが折れないよう、慎重に作業しなければなりません。
手際よい作業が求められます。


内側ガラス面の掃除

養生

貼り付け

水抜き・乾燥水抜き・乾燥
ガラスとフィルムの間に入っている水と空気を抜き、よく乾燥させます。


フィルムの固定
(水抜き)

フィルムの差し込み
   

仕上げ・確認 仕上げ・確認
フィルム貼り付け後外から気泡が残らないよう確認します。
また、サイドガラスの上部など隠れた部分もチェックします。
フロントガラス、運転席及び助手席のガラスに、フィルムを貼った場合は、
必ず可視光線透過率を確認します。


仕上げ・確認

可視光線透過率の確認
     

※道路交通法及び道路運送車両法により、フィルム貼付後可視光線透過率が70%以上必要となります。

プロショップ一覧に戻る PAGE TOP
Copyright (C) 2008 THERMOLUX All Rights Reserved.